2018年7月12日木曜日

01_パラダイムシフト

われわれはシーシュポスを幸福だと見なさなければならない
➡ アルベール・カミュ

米フロリダ州の高校で1カ月前に起きた銃乱射事件を受け、全米の高校生が14日、授業を抜け出して犠牲者を追悼し、銃規制強化を求める抗議運動に参加した。アフリカや欧州など世界各国の学生も同日、米国の学生に連帯して抗議運動を展開した。全米の抗議デモはこの日1日を通して続いた。参加者はオレンジ色のシャツを着たりプラカードを掲げたりしてデモ行進し、学校での銃乱射事件再発を防止するため、議員に行動を呼びかけた。2018/03/15「CNN.co.jp」

アメリカのエンターテインメント業界に携わる300人以上の関係者が1月1日、セクシャル・ハラスメント(性的嫌がらせ)と男女格差に反対し、被害者を支援する運動「タイムズ・アップ (もう終わりにしよう) 」を開始したと発表した。職場でセクハラや性暴力を受けてきた立場の弱い女性や男性が人権を回復させる一助となるよう、テレビ、映画、舞台に関わる多くの人たちによって支援基金が設立された。支援対象は主に、農場や工場、外食産業などの業界で、訴訟費用が用意できない低所得労働者たちになる。2018/01/03「HUFFPOST」

■ロバート・N・ベラー他「心の習慣」みすず書房より
私たちは、自分たちが他の人間から区別された特別な創造物だと思ってきた。現在私たちは、自らの貧困は最も貧しい国々の貧困と同じくらい絶対的なものだということを理解している。私たちは力また力へと追い求めてゆくなかで、人間の限界というものを否定しようと試みてきた

私たちは人類に再び加わり、自らの本質的な貧しさを贈り物として捉え、私たちの物質的富を貧しい人々と分かち合った方が良いのだ

こうしたヴィジョンは、保守でもリベラルでもない。それは伝統的な社会へ引き返そうとするものでもない。そうした社会の知恵から学ぶ用意はあるにしても、いっさいの伝統に対する批判を拒絶するものでもない。いまやそれは批判の批判を展開し、人生は、信じることと疑うこととのバランスをとりつつ進んで行くことだと主張する。こうしたヴィジョンは、知識人の理論だけからもたらされるのでなく、アメリカ人がすでに営んでいる生の実践からもたらされる。

■オリバー・ストーン「もうひとつのアメリカ史」より
時として歴史の流れが代わる瞬間に遭遇することがあります。その瞬間が来たとき、私たちの心の準備はできているでしょうか。私はルーズベルトが人生の最後にチャーチルに伝えた言葉を思い出します。「私はソ連との軋轢を過小評価したい。こうした問題は何かにつけ生じるだろうし、そのほとんどは解決できるものだからだ」。

過剰反応せずに事態を見守り、敵対国の目を通して世界を見る。こうした姿勢は、他国への共感と思いやりから生まれます。これからの時代を生きていくには地球全体の意思を尊重し、核戦争の危機や環境破壊と戦わなければなりません。

私たちは例外主義放漫さを捨て、<他国よりアメリカにご加護を>と祈るのをやめられるでしょうか。強硬派国家主義者のやり方が通用しないことは、もはや明らかです。法を順守しアメリカ建国に立ちかえり、意見の違いを超えて大切なものを守るのです。古代ギリシャの歴史家ヘロドトスはこう記しました。「歴史は人間が成し遂げたことが、忘れられないよう願って書かれた」。

■ロロ・メイ「自分探しの神話」読売新聞社より
かつて彼の生活は混乱し、紛糾していた。だが、いったんある出発点まで戻り、全体をゆっくりやり直すことができれば、混乱をもたらしたものが何であったかを突き止めることができるだろう。➡ スコット・フィッツジェラルド「偉大なるギャツビー」

アメリカ全体にしても、私たち一人ひとりにしても、シーシュポスの神話を緑色の光の神話と対置して、均衡を取り戻さねばならない。この神話は、「選ばれた者たち」の度し難い傲慢さに対する防衛手段であり、ホレイショー・アルジャーの神話は私たちを道に迷わせるだけだということを教えてくれる。

シーシュポスの神話は「約束の地」の神話と釣り合う。この神話は私たちに、この約束された美しいアメリカを搾取するのをやめさせ、自分たちの目的について考えさせ、目的を明確化させる。シーシュポスの神話は私たちに、どうしてアメリカンドリームが崩壊したかわからせてくれる。

うまくすれば、私たちの絶望に匹敵するほどの恍惚を得る方法を教えてくれ、私たちが真正面から絶望に立ち向かい、それを建設的に用いることができるような、新しい時代へと導いてくれるはずだ。

人間の意識状態が進化しているのか否か、緑色の光があるのかないのか、デイジーがいるのかいないのか、世界が崩壊しつつあるのかないのか?私たちはそれを見極めることを求められている。そう「運命づけられている」と言ってもいいい

0 件のコメント:

コメントを投稿