2017年12月15日金曜日

23、内向的不合理タイプの説明

内向的直観・思考型の場合

内向的感覚型・直観型は外から判断する人にはほとんど理解できない。内向的構えは表現能力も表現意欲もほとんど持たないので、的確な判断を下すための手掛かりが得られないのである。彼らの活動は内面に向けられているので、外から見る限り、内気・陰険・無関心ないし、あやふやな態度・根拠のない困惑しか捉えることが出来ない

外に現れるものがあれば、それはどちらかというと無意識的な劣等機能が間接的に表れたものなので、このタイプの本質を表していない。にも関わらずこれらの外見は、このタイプに対する偏見のもとになっている。彼らはたいてい過小評価されるか、少なくとも理解されない

加えてこのタイプは判断がひどく欠けているため、自分で自分のことが理解できない。そのため、同じ理由から自分がなぜ過小評価されているかが分からない。すなわち彼らは自分が外にすることが、実際には充分でないということに気づいていない

彼らの目は、豊饒な内的世界に釘付けになっている。内で生じることがあまりにも魅力的で、尽きることのない刺激を送ってくるために、それについて周囲に伝えることが、豊饒さのごく一部しか含んでいないことに気づいていないのである

逆に言えば、周囲の人が内的経験を捉える能力に欠けていることに気づいていない。

彼らの表現は断片的で脈絡がないにも関わらず、周囲に理解され喜んで受け入れられるはずであるという過大な要求を持っている。しかも彼らの表現には客体に対して注がれるべき暖かさ、それがあれば一層説得力を持つであろう暖かさが欠けている

このタイプは外に対して無愛想に拒絶する態度を示すことが非常に多いが、彼らはそのことを自覚できないし、意図的にそうしているわけでもない。こうした人をより公平に判断し、寛大に付き合える人がいるとすれば、それは内面で見たものを理解できる表現に置き換えることが、いかに難しいかを知っている人間だろう

そうだとしても、彼らが何も言わないうちに忖度して先回りしてはならない。そんなことをすれば、このタイプを酷く損なってしまうだろう。彼らはまさにその運命の力により、圧倒的な外界の困難に他のタイプより多く出会うが、それによって内的直覚のもたらす陶酔状態から目を覚ますことが出来る。そして大きな困難に出逢ってこそ、彼らからついに人間的な言葉が絞り出されるのである

このタイプの人は、豊かで活気に満ちた世界と、その世界から溢れ出る人を魅了するような生気が、外界だけでなく内界にも存在するという事実の生き証人である。確かにこのタイプは自然の相対的な一面だけが現れたタイプであるが、その時々の「精神的流行」に惑わされることのない人々にとっては文化の促進者であり教師である。

私たちが彼らのコミュニケーションの欠如から気づかされるのは、我々の文化にはある大きな誤りがあるということである。すなわち話すことや表現することを迷信的に信じ、言葉や方法を通して学ぶことをあまりにも過大評価しているということである。

偏った精神文化
実際に子供を教育するのは両親の態度であり生き方である。それに言葉だけをとってつけても子供は混乱するだけである。同じことは教師にも当てはまる。方法(カリキュラム)さえよければ、それを扱う教師までが神聖視されるという有様ではあるが、劣等な人間は絶対に良い教師にはなれない。

彼は知らず知らずのうちに生徒を毒している、自らの有害な劣等性を、方法論と同じく知的表現能力の背後に隠し持っているのである。年長の生徒であれば、役に立つ方法(この問題はテストに出ますか?)を何よりも知りたがる。というのは彼らは方法を無敵のものと信じる一般的な構えの軍門に下ってしまっているからである。

年長の生徒はすでに一定の方法(How to)を丸呑みにできるように頭が空っぽであればあるほど優等生になれるということを経験的に知ってしまったからである。彼らの周りはみな、成功と幸福はすべて外にあり、望みのものを手に入れるには正しい方法を知っていればよいと告げ、その通りの生き方を見せる。こうした大人たちは、豊かな内面を見つめることにより輝き出す幸福があることを、自らの生き方をもって示すことが出来ない理由で有害なのである


たしかに内向的な非合理タイプは、全人格的な人間性を備えた教師ではない。彼らには理性とそれがもたらす常識が乏しいからである。しかし、彼らの生き方は私たちの文化から失われてしまった、別の文化の可能性を教えてくれるのである

0 件のコメント:

コメントを投稿