2017年10月25日水曜日

1、納屋を建てる



 岡崎照男・訳「パパラギ」初めて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集、立風書房より

 ( `ー´)ノ どのパパラギも職業というものを持っている。職業というものが何か、説明するのはむずかしい。喜び勇んでしなくちゃならないが、たいていちっともやりたくない何か、それが職業というもののようである。

( `ー´)ノ 職業を持つとは、いつでもひとつのこと、同じことをくりかえすという意味である。目をつぶっていても、また、全然緊張なしでもできるまで何回もそれをくり返す。たとえば私が自分で小屋を作るとか、むしろを編むほか、何にも仕事をしないとする。― すると私の職業は小屋作り、あるいは、むしろ編みということになる。

( `ー´)ノ だからこんなこともよく起こる。

たいていのパパラギが、その職業ですることのほか何もできない。頭は知恵にあふれ、腕は力に満ちている最高の酋長が、

自分の寝むしろを横木に掛けることもできなかったり、自分の食器が洗えなかったりする。また、こういうことも起こる。色とりどりにツッシ(手紙、文章)を書ける人が、入江でカヌーを走らせる力がなかったり、その逆もまた起こり得る。

( `ー´)ノ できることはたったひとつだけ、というこの能力には、大きな欠陥と危険がある。というのは、

だれだって一度くらい、どうしても入江でカヌーを漕がなければならなくなるということは、大いにあり得ることだから

( `ー´)ノ 小屋を建てるのは楽しいことだ。森で木を切り、柱を作る。それから柱を立て、その上に屋根をのせ、柱も梁もその他何もかも、ヤシ縄でしばって、最後に乾いた砂糖きびの葉で屋根をふく。

それなのにもし、村のほんの少しの男にだけしか、森で木を切り、柱をを作るのが許されないとしたら、そのときおまえたちは何と言うだろう。そして、小屋の落成式を祝うのが、小屋を建てた全部に許されるのではなく、中に住む人たちだけだったら、どうだろう

( `ー´)ノ パパラギも実は、そのことでとても困っている。一日に一回、いやもっと何回でも、小川へ水を汲みに行くのは楽しいことだ。しかし日の出から夜まで、毎日毎時汲み続けねばならないとしたら、力のあるかぎり、くり返しくり返し水汲みばかりしなければならないとしたら―。

最後には、自分のからだの手かせ足かせにむほんを起こし、彼は怒りの中で爆発するだろう。まったく、同じくり返しの仕事ほど、人間にとってつらいことはないのだから

0 件のコメント:

コメントを投稿