2017年10月15日日曜日

8、「ためにする」進化論

実際、人類の大半が愚かであるということを考えれば、広く受け入れられている意見は、馬鹿げている可能性のほうが高い」。

政府がちょっと手を貸せば、どんな馬鹿げた事でも、大多数の国民が信じるようになる」。

本当に理性的な人間は、絶対に自分が正しいなどとは、めったに思うことは無い。理性的な人間になろうと思ったら、自分の思想に対しても常に疑いを持っていなくてはならない」。
➡ バートランド・ラッセル(地球の名言、Words of the Earthより)

  ジェレミー・リフキン「エントロピーの法則Ⅱ」祥伝社より

ダーウィンの思想に影響を与えたのは、チャールズ・ライエルの進化の概念、トーマス・マルサスの生存競争の概念、そして、ガラパゴス諸島での体験と観察である。

ダーウィンは1871年に発表した「人間の由来」で種の進化という概念を人間にも拡張した。しかし、理論の革命的な性質にもかかわず、人間の特徴に関する考え方は、当時の家父長的な偏見を色濃く映し出している。典型的な男性を勇敢でたくましく頭が良いと見なす一方、典型的な女性は受け身的で身体が弱く、脳が不完全であると見なしたのである。

「男性は女性より勇敢、好戦的、エネルギッシュで、発明の才に長けている」。
➡ チャールズ・ダーウィン

  フリッチョフ・カプラ「新ターニングポイント」工作舎より
⇒ つい最近、遺伝子決定論の虚偽性が社会生物学という、広く物議をかもした理論を生み出すことになった。その理論では、全ての社会活動が遺伝子の構造によってあらかじめ決定されたものとみなされる。こういった考えは科学的に不健全であるばかりか、極めて危険でもある

⇒ 人間行動のちがいを遺伝的にあらじかじめプログラムされた不変のものと解釈することにより、人種主義や性差別の偽科学的な正当化を推し進めることになりかねないからだ。


 アン・ウィルソン・シェフ「嗜癖する社会」誠信書房」より
⇒ 嗜癖システムは欠乏モデルから方向づけられています。皆に行き渡るだけの十分なものがないために、できる限りのものを手に入れなければならないという仮説に基づいたモデルです

⇒ 欠乏モデルは私たちの生活のあらゆる場面に浸透しています。私たちは金や物、愛、名声を蓄えることを学びます。手に入れられるものが十分でないと恐れるために、私たちは必要以上のものを掻き集めます。

⇒ 欠乏モデルは、行き渡るだけの十分なものはないという考えですが、一方の得点が他方にとって同数の失点となるゼロ=サム・モデルの方は、もし誰かが何かを手に入れたなら、自分がそれを必要とする時にはもう手に入らないだろうという考えです

0 件のコメント:

コメントを投稿