2017年9月25日月曜日

6、全体主義への逃走:大衆とナチズム(2)

ヒトラーが権力を握ってからは、さらにもう一つの誘因が力を得る。多数の人々がナチ政府に対し忠誠を捧げるに至り、数百万の人々にとって、ヒトラーの政府が「ドイツ」と同一のものになったのである。

ひとたびヒトラーが政府の権力を握った以上、彼に戦いを挑むことはドイツ人の共同体から自らを閉め出すことを意味する。

他の諸政党が廃止され、ナチ党がドイツのものであるとき、ナチスに対する反対はドイツに対する反対を意味した

より大きな集団に属していないという感情ほど、一般の人間にとって耐え難いものはないだろう。ナチズムの諸原理に対してどんなに反対していようとも、

もし彼が孤独であることと、ドイツに属しているという感情を持つことと、どちらかを選ばねばならないとすれば、多くの人は後者を選ぶだろう

 ナチズムに対する攻撃はドイツに対する攻撃と感ずるので、ナチでない人間でさえも、外国人の批判に対しては、なおナチズムを擁護するというような場合が多くみられた。 

どのような政党であっても、ひとたび国家の権力を掌握すると、孤独の恐怖と道徳的原理の弱さが相まって、大部分の民衆の忠誠を獲得することができるのである

この考察から、政治的プロパガンダの一つの公理にたどり着くことができる。すなわち、

ドイツそのものに対する攻撃、「ドイツ人」についての誹謗的プロパガンダは、それがどのようなものであっても、ナチ体制と完全に合一していない人々の忠誠心までも増大させるということである

しかしこの問題は巧妙なプロパガンダによっては、完全に解決することは出来ない。

それは一つの根本的な真理、すなわち倫理的原理は国家の存在以上のものであり、個人はこれらの原理を固く守ることによって、過去、現在、未来を通じてこの信念を分け合う人々の共同体に属するという真理が、すべての国々において勝利を得たとき、初めて解決できる事柄である。

-「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム著・日高六郎訳、東京創元社より

「イザヤ書」より➽ 見よ、国々は水桶の一滴、秤の上の塵のごとし。主のみ前には国々は無に等しい。国々は主にとって空しく虚ろに思われる。主は君主を無に等しくし、地上の裁き人たちを虚ろにする。あなたは知らなかったか聞かなかったか、主はとこしえの神であり、地の果てまでの創造者。

弱ることも疲れることもない。弱ったものには活力を、勢いのないものには力を与えてくださる。しかし主を待つものは、新たなる力を得て、昇ることができる。鷲の羽を張って、走っても疲れることはなく、歩いても弱ることはない。 

0 件のコメント:

コメントを投稿