2017年8月7日月曜日

7、相対的な価値判断の限界(2)

君は、好きか嫌いかで物事を判断するのではなく、正しいか正しくないかで判断するんだ。そうすれば心が、もっと深いところで安心するはずだよ。➡ パトリック・ジェーン「メンタリスト」

ロバート・N・ベラー、R・マドセン、S・M・ティプトン、W・M・サリヴァン、A・スウィドラー 共著 「心の習慣」アメリカ個人主義のゆくえ(みすず書房)より

ブライアンにとって嘘が悪いのは、対話によって個人間の衝突を解決しようというときに、嘘は決定的な邪魔を入れてしまうからである。ここにおいても、「悪」は主として実用上の問題であるにすぎない。要するに嘘はペイしないということである。嘘をつくなというのは、ブライアンが子供たちに教えようとしている重要事の一つである 。

「誠実が重要で、嘘が悪いのはなぜか?わかりませんね。ただそうだというだけです。それだけ基本的なことなんですよ。違うんじゃないかなんて考えてもみません。それは私の一部なんです。どうしてそうなのかわかりませんが、とても重要なことです」。

ブライアンは「価値観」を持つことが、そしてそれを子供たちに教えることが大事だと力説する。しかし彼は、嘘をつくなという以外には、何がそうした価値であるのか曖昧にしか言えない

「たぶん相当部分は近代社会のユダヤ・キリスト教的倫理ということなのでしょう。これこれは悪いことだっていうのは」。


殺人、盗み、嘘といった、おそらくは「絶対にいけない」事柄でさえも、個人的好みの問題にすぎないとされる。あるいは、それらはやはり禁止されるべきことだとしても、その禁止は広く共有されるべき意味づけを与えてくれるような社会的・文化的基礎から切り離されてしまっている。

「私は人類のための価値体系を制定できるほどお偉い立場にはありませんよ。もっとも世界中の人たちが私の価値体系に従って生きてくれたら、もっと世界は住みやすくなるだろうぐらいにはうぬぼれていますがね」。では彼がこれでいいと信じる根拠は?

私はこの価値体系でとても心地よくやってますから」。これだけである。

0 件のコメント:

コメントを投稿